初心者の方のためのFX用語解説 FXの比較・口座開設ならFX比較ナビゲーター

こだわり検索

取引通貨ペア
スマホ取引対応
通貨ペア数
最小取引単位
注文機能
取引機能
取引手数料
Pocket

初心者の方のためのFX用語解説

FX取引を行う際、頻繁に出てくる用語について説明したいと思います。

1つ目が「レバレッジ」。レバレッジとはテコという意味になります。小さな力で大きな物を動かす事が出来ることを指し、FX取引においても、「レバレッジ」を使うことで、小さな金額で大きな金額を動かすことが出来るようになります。例えば、保証金が100万円で、1ドル100円の時に1万ドル(100万円)を買い、1ドル110円の時に売れば、10万円の利益が出ます。次に、保証金が10万円で、10倍の「レバレッジ」を使うと、10万円で100万円のお金を動かすことが出来るため、保証金10万円で、1ドル100円の時に1万ドルを購入し、1ドル110円の時に売れば、10万円の利益が出来るのです。

保証金の額が違うのに、利益の額は変わりませんよね。これが、「レバレッジ」を使う魅力です。「レバレッジ」を使うことで、小額の資金で大金を動かすことが出来るため、大きな利益を狙うことも可能になります。逆にいえば、「レバレッジ」を使うことで、レバレッジの倍率分、多く損をしてしまうこともありますので、「レバレッジ」を使う際は、よく考えてから使いましょう。

初心者の方の場合は、保証金の5倍くらいから始めてみて下さい。慣れてきたら、「レバレッジ」の倍率を上げてみるのも良いでしょう。

2つめが「スワップポイント」です。スワップポイントとは、外国為替の取引において、2種類の通貨を交換する際に生じる金利格差のポイントのことを言います。世界で取引されている通貨には、それぞれ金利というものがあり、その金利は通貨によって異なります。金利が異なる通貨を交換するということは、そこに金利差というものが生じてくるため、その金利差を調整するために、ワンップポイントというものが存在しているのです。

金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買って保有し続けると、金利格差の差額分がプラスになり、スワップポイントを得ることが出来ます。逆に、金利の高い通貨を売り、金利の安い通貨を買って保有し続けると、金利格差の差額分がマイナスになり、スワップポイントを支払わなければならなくなります。

スワップポイントは、通貨を保有し続けている間、毎日付与されます。しかし、金利は日々変動するため、スワップポイントも必然的に変動します。そのため、金利格差が逆転し、スワップポイントを得ていたはずが、いつのまにか、スワップポイントを支払っている、という事態にもなりえますので、常に市場を確認しておくことが大切です。

Pocket

こだわり検索

取引通貨ペア
スマホ取引対応
通貨ペア数
最小取引単位
注文機能
取引機能
取引手数料

こだわり検索

取引通貨ペア
スマホ取引対応
通貨ペア数
最小取引単位
注文機能
取引機能
取引手数料

FX会社一覧

  • JFX
  • ヒロセ通商
  • マネックスFX
  • ライブスター証券
  • みんなのFX
  • M2J
  • FXプライム
  • FXプライム
  • セントラル短資FX

FX比較ナビゲーターとは

FX比較ナビゲーターは、外為やFXの初心者の方向けの情報コラムや各FX会社のオンラインキャンペーンや口座開設のための情報をまとめ、簡単に比較も出来る総合情報サイトです。

これから入門される方やランキング情報を見たい方はぜひ当サイトで情報収集されたうえで、口座開設されてください。